社会福祉法人 泉湧く家
       個人情報保護に関する方針


 社会福祉法人 泉湧く家は、「法人の理念」に、「私達は、利用者の方々の人権と自己 決定権を尊重し、個人情報の保護と利用者にとって必要な情報の公開に努めます」と掲げています。
 法人の運営する事業所を利用される方々の、その人らしく生きる権利と尊厳を守るためには、何よりも個人情報が適切に保護されることが不可欠の前提であり、そのことは法人、事業所と職員の重要な責務です。
 私達は、こうした理念をもとにより研鑽に努め、個人情報の保護に努めます。

 よって法人は、個人情報保護の方針を以下のように定め、実践します。

1、 個人情報の保護に関する法令、及び条例、それに伴う方針(ガイドライン)等を遵守します。
2、 個人情報の収集、保管、又は利用に当たっては、個人の同意をもとに適切な体制と管理のもとで行います。
 また、個人情報への不正なアクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩の予防に努め、万一の問題発生時には速やかな是正措置を講じます。
3、 法人及び事業所が収集、管理する個人情報は、個人に帰属するものとして原則的に情報を公開・開示します。ご家族、関係者の方は、ご本人の同意のもとに情報の開示を求めることができます。
4、 法人は、個人情報の取扱いに関する規程を整備し、職員に周知徹底すると共に、個人情報保護の方針を遵守することを誓約いたします。
 また、施設業務の委託先、取引先の企業・職員にも、個人情報保護の取扱いを法人職員同様に要請します。
5、 法人、及び職員が、自主的で自覚的な個人情報の保護に努められるよう、職員の教育・研修に努めます。


以上の方針を実践することを通して、個人情報の適切な保護に努めます。

私達は、適切な情報公開に努め、より開かれた社会福祉法人になることを宣言します。
以上